« うなぎ。 | トップページ | 空白の時代。 »

2010年3月19日 (金)

居酒屋煮込み紀行。

20100316_4327

東京3大煮込み制覇を目論み、最後の一軒。

午後4時30分開店数分前の様子。

平日のこの時間に行列をつくる居酒屋人気。

20100316_4341

これがお目当ての牛煮込み。牛すじ煮込みの感じで、煮込み初心者には大変食べやすい一品。

岸田屋、山利喜は内臓系のホルモン部分を煮込んでいるが、このお店は筋煮込みの様相で、内臓系煮込みを期待される御仁には、もの足りないかも分からない。

これはあくまでも個人見解で、食べる分には私的には食べやすくて、美味い。

何が入っているか分からない程、その器に凝縮された一品が、もつ煮込みの醍醐味。

思わず「お口の中で、万国博覧会や~」的な要素は、ここの煮込みには無い。

しかし、年齢的に万国博覧会系の煮込みは、体力的に劣る私には、体は素直に受け入れる。

もう1つの名物、肉とうふは絶品。煮込み鍋で、程良く煮込みの汁が染み込んだ絹ごしとうふの優しい味。

この2品で、至福の時が迎えられる。

それとこの店のオヤジさん。下町のチャップリンを思い起こされるそうな身のこなしをされる。

開店と同時に、テーブル、カウンターともに一杯になり、まずは飲み物のみの注文に翻弄する。

常連はキンミヤ焼酎をボトルキープしている。その人々には、梅シロップと氷をセットで早々、用意していく。名前を聞いていないのに、その人々のボトルセットを的確に用意する神業。棚には個人名を書いたキンミヤ焼酎が数百本並んでいる。ちなみにキープ期間は一ヶ月。値段は14,000円弱。とても財布に優しい値段。

単品だと250円。梅割りで。

飲みものの注文を一通り受けた後は、肴の注文。

大半の人が、煮込みか、肉とうふから始まります。

20100316_4343

手書きのお品書きに珍しいものを発見。

思わず叫ぶ。「のれそれ」一つ。

あなごの稚魚です。白魚のような感じですが、将来の形を思わせるような、平べったい透き通った、繊細な珍味です。

20100316_4349

次は小鮎の南蛮漬け。

これも絶品。

居酒屋はお品書きの豊富さが、見逃せない。

次の注文は、赤貝の肝。

残念ながら、写真には残していません。

想像してみてください。赤貝の大きさから肝の大きさを。

シジミの小さな感じ。これも美味。

20100316_4353

正しい居酒屋はキンミヤ焼酎。このレトロ感あふれるポスターも良い感じで郷愁をそそります。

|

« うなぎ。 | トップページ | 空白の時代。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520784/47851383

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋煮込み紀行。:

« うなぎ。 | トップページ | 空白の時代。 »